直接的でないクレジットカード使用のやり方は易しいです。クレジットカードを経由してそのまま買う事ができない販売品を直で支払うという方法ではなく、遠まわしに使って買い付けする方がより良いです。表現が簡単な事により、まずはある商品券のたとえを利用して話してみたいと思っています。例にあげようとしている人物が高価な服を持ちたいとそれを見つめて立ち止まっています。欲しがっているコートを扱っている所では買いたくてもカードで購入することが認められません。でもVISA、Diners clubなどの商品券を使用すれば支払う事を受け入れてくれるようです。なので例にあげようとしている人物はクレジットカードを使用して商品カードを買い付けした後で金券を売っている店におもむきクレジットカードを使用してAmerican Express、Diners clubなどのギフトカードを注文してみました。次いでそのカードを駆使して買い付けたJCB、NICOSなどののギフト券を店舗に持って向かい、使いたかったブランドコートを買い取ったとします。「なんで商品券で購入した男性は例のような手間をとらせる事をしなければいけないの?」と思う事もあるかもしれませんが、その実このプロセスを利用するのであれば普通だったら手に入れられることのないクレジットポイントが得られます。現金を払って高価なアクセサリーを買い取りしたりしてもローンポイントは貯まりませんし、MasterCard、NICOSなどのギフトカードをお金で取り寄せして駆使してもカードポイントはつきません。けれども今示した事の時であるならJCB、MasterCard、Diners clubなどの商品券をカードで買ったという根拠で素晴らしいコートを取り寄せした時と同じような数だけクレジットポイントが貯まる事になるのです。こういう場合が遠まわしにキャッシングを運用した状態になっているという根拠で、直接でないカードと言われる手順です。