クレジットカードの失効というものは、その名が指すとおり一方的にクレジットを没収(停止)されせらてしまうことを言います。強制失効された場合そうなったクレジットカードについてはその時以降絶対に決済できなくなります。強制没収させられてしまう事象は多岐に渡る→カードを理由を問わず失効させられる事情は多岐に渡ります。一般的には日々の購入において切るなどクレジットカードを切っている際においては、あなたが失効となってしまうパターンなどほとんどないため心配しないで欲しいですが、失効となるかもしれないパターンというものを頭に入れておくことによってクレジットをもっと健全に利用できる形になる考えられるためそのパターンのひとつについて言及できたらと思います。何よりも言えることはカードの発行会社に対して信頼されなくなってしまう振る舞いをしたりもしくはクレカの会社のマイナスとなるような愚行をせずにいれば絶対に没収などはありえないと思われます。安全に使用するということが優先のためもうそのようなような取引をした過去がおありの方がいらっしゃれば今後はしっかりと良い履歴に挽回するように念頭において頂いたいです。そもそもカードの請求金額を支払いしない●もう言うまでもないケースであるのですが、カードで払った請求額をカードの発行会社に返さない請求額の踏み倒しをした場合、もしくは慢性的な借入のために支払いが出来ないなどという場合には必ずと言っていいほど強制失効という処理がされることでしょう。もともとカードの発行会社はあなた自身を信頼しているからこそ契約させているのであるから、利用者が返済しない限り蓄えた信用残高は全部壊れてしまいます。カードを使用不可にするという手続きでそれ以上の損害拡大を未然に止める対策を講じるから、強制退会になってしまうのです。